元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 遺物は本人でなければすべてゴミ

遺物は本人でなければすべてゴミ


実家は物置場状態

母は何でも取っておく気質で、正直娘の私もどん引きするくらい物を取っておく人でした。
なので実家はいつも物であふれており、住む場所なのか物を置いておく場所なのかわからないくらいすべてが物に支配されているような家でした。

小学生の低学年のころまでは私も何とか耐えていたんだと思いますが、小学校4年生くらいから、おかしいとおもいはじめ、高学年のときにはもう家を出たいと思っていました。

母は物が捨てられない性分

私はそんな物に執着する性質の母をずっとそばで見てきましたが、物に執着するということ(あくまでも母の場合ですが)は、いうなれば過去に執着するということなんだと母から学びました。

母は、過去をずっと引きずる人で、ずっと私に愚痴を言っていました。学校から帰っても、仕事で母は家におらず、ずっと母が帰ってくるのを家で1人で待っていました。

父親と離婚し、母はそれからずっと私を女でひとつで育ててくれましたが、とにかく過去に引きずられて毎日愚痴を聞かされる私はたまったものではありませんでした。

母が亡くなり遺品整理全て処分しました

それから私も大人になり母が若くして亡くなりました。早くから家を出た私は、母の遺物を片付けなくてはなりませんでした。

母が闘病した時、久々に実家に戻った時、その物の多さに愕然としました。
それはもう、人の住む家とは思えないほどの物の多さに家が押しつぶされそうになっていたからです。

こんな状況でどうやって暮らしていたのか、どうやってお風呂に入っていたのか、どうやってご飯を食べていたのか、想像するのも怖いくらいの家の中でした。

病気が発症してからほどなくして母は亡くなりましたが、もう家へは帰ることなく病院で療養中に息を引き取りました。

母は、ずっと「今から家を片付けるからね。」と言っていましたが、ずっと言っていただけでずっと片づけられていませんでした。
私はその母の遺物を片付けるには、この大量の遺物はどうしたらいいのか、その果てしなさにがっかりしました。
もう一言、母は「うちにある荷物は全部宝の山だからね。」と、言っていました。

悲しくなりました。本人には宝物でも、他人にしてみればそれはゴミでしかないのです。

当時は高価であったかも知れない物でも、もう、古くなって時代が過ぎれば価値などありません。
少しは片付けましたが、本当に家1軒分、玄関以外ギッシリ詰まっていた物を片付けるには辛すぎて、業者に来てもらって30万円ですべて処分しました。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位One LIFE(ワンライフ)

  • 多彩な買い取り項目!
  • 女性スタッフ在籍!
  • 万が一の事故保障!
回収品 新しいものから古いものまで幅広く!
対応エリア 近畿一円
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535

公式サイトはこちら

2位キーパーズ

  • 全国対応!
  • 引越し業者の手配も可能!
  • 車の廃車手続きも可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 全国
住所 大阪府豊中市原田中2-1-38
営業時間 10:00 〜 22:00 (年中無休)
電話番号 06-4865-0522

3位桜美サービス

  • 24時間対応!
  • 見積り金額からの変更なし!
  • 買取も可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 近畿一円
住所 大阪市生野区生野西4丁目8番6号
営業時間 24時間
電話番号 0120-352-441

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ