元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 身内が孤独死した場合、どのような対応が必要?

身内が孤独死した場合、どのような対応が必要?


身内が孤独死してしまった場合、その後どのように対処すればよいかわからない…という人は多いでしょう。
ここでは身内が孤独死した場合の対応方法についてまとめてみましょう。

孤独死は多い

身内が孤独死をするというのはあまりイメージがわかないかもしれませんが、実は高齢者世帯の60%以上は一人暮らしであり、いつでも孤独死する可能性があると言えるのです。
身内が孤独死してしまった場合、ショックは大きく、家族にとっては後悔の気持ちが強くなるかもしれません。

遺体発見から現場検証、検視

賃貸や持ち家に一人暮らしをしていた場合、郵便物が貯まってくることで近隣住民が不審に感じて警察に通報するということが多いでしょう。
アパートやマンションの場合、近隣との付き合いが希薄な場合も多く、遺体発見が遅れてしまうこともあるでしょう。
遺体発見が遅れてしまうと、異臭や虫の異常発生などで警察に通報されるケースが多いで。
孤独死が発見されると、事故として判断されるため、現場検証が行われます。
現場検証で警察は事件性の有無です。
病院や自宅で看取られながら亡くなった場合はありませんが、孤独死した場合には貴重品は全て警察が没収します。
現場検証が行われたら、検死が行われます。
遺体状態によっては本人確認が難しい場合もあるでしょう。
その場合はDNA鑑定に回されることもあるます。

遺体発見連絡、遺品の受け取り、葬儀

遺体が発見されると、親族や連帯保証人などに警察から遺体発見の連絡が入ります。
連絡が来たら、家族が本人かどうか遺体の確認をする必要があります。
遺体で身元が確認されると、警察が保管していた貴重品を遺族が引き取ります。
この時に生前住んでいた部屋状況も教えてくれます。
孤独死してしまった遺体に関しては、自分で葬儀会社を手配しなければなりません。

部屋の片づけが大変

孤独死した場合、部屋の清掃と片付けが必要になります。
特に清掃はもっとも大変な作業となるでしょう。

死後数日での遺体発見であれば特に問題ありませんが、数ヶ月放置されている場合などは、体液によるシミ、汚れ、異臭、ムシの異常発生などがあるので特殊な清掃が必要になります。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位オールサポート

インターネット限定割引実施中

  • 電話1本で即日対応!
  • 月間1000件の実績!
  • 業界最安価宣言!
  • 関西全域対応!
回収品 健康器具、家電、家具、楽器、貴金属、和服、アンティーク品、おもちゃなど幅広く!
対応エリア 関西全域
住所 【本  社】大阪市淀川区西中島7-1-3-514
【大阪支店】大阪市城東区関目1-9-24
【兵庫支店】池田市豊島南2-6-1
営業時間 9:00~20:00
その他 ・格安で便利なあいのり便あり
・LINEで予約可能

公式サイトはこちら

2位エコノバ

  • 全国対応!
  • 条件に合うおかたづけ業者を一括比較!
  • 面倒なことはすべてお任せ!
回収品 条件に合う業者を紹介
対応エリア 全国
営業時間 24時間(年中無休)

3位バイセル

  • 無料査定24時間受付
  • 出張買取価格満足度1位
  • 即日対応可能
サービス内容 遺品整理、生前整理、貴金属、不用品、リサイクル品買取等
対応エリア 全国
最低料金 無料
住所 東京都新宿区四谷4-28-8 PALTビル8F
営業時間 24時間(年中無休)

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ
徹底比較ランキング