元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 買い替えの為に必要なくなった大型ソファーの捨て方

買い替えの為に必要なくなった大型ソファーの捨て方


20年近く使ったリビングの大型ソファーを新しく買い替える事になり、新しいソファーが届く前に処分しようとした時の事です。
処分するソファーはもう見た目もボロボロで人に譲るとかリサイクルショップで売れるような状態ではなく、即廃棄決定な状態でした。
しかしこの手の大型家具は処分するにも有料で、引き取りに来てもらうにもこちらの都合に合わせられず何かと不便だったので、何とか自分で処分出来ないものかと色々と情報を集めた結果、地域の清掃センターへ個人で持ち込めば無料で引き取って貰えることを知り、その方法で処分する事にしました。
その為には問題が2つありました。1つはそのまま持っていくには大きすぎるという事で、もちろん人の手で運べる大きさや重さでは無いので車を使う事になるのですが、捨てるためにトラックをレンタルしてレンタル料金を支払うのでは本末転倒なので、所有している自家用車に乗せれる大きさに解体して持って行くことにしました。
2つ目は解体後の分別はどうするのかという事でした。
清掃センターへ持ち込む場合、燃えるゴミ、燃えないゴミ、金属ゴミ、木くず等細かく分別するように指定されており、捨てる場所も違うので解体時に自分で判断しながら分別していく必要がありました。
ソファーは4人掛けのL型で全体の長さが幅が2m50cmほどで全体が布張り、骨組みは木製で各部分に金具でジョイントしている構造でした。
まず燃えるゴミである布部分を外し、燃えるゴミ用の袋に。これは思ったよりも少なく1袋に収まりました。
次は骨組みをばらす為にジョイント金具の取り外しですが、これもドライバーで簡単に外す事ができて背もたれ部分の木は解体出来ました。
しかしそこで問題発生しました。
座る部分のクッションに金属製スプリングが使われていたのですが、これが一体物で大きくてそのまま車に乗せれるタイプでは無かった為、金ノコで乗せれる大きさに切断しましたが、これが一番苦労しました。
何とか解体も終わり、分別して車に乗せれる大きさにまとめましたが、1回では載せきれず、2回に分けて搬入する事となりました。
清掃センターでは捨てる場所や捨て方も丁寧に教えてもらったので、問題なく捨てる事ができました。
結局、廃棄処分代を節約する為に丸1日かかりましたが、手間をかければ自分でも何とかなるもんだと勉強になりました。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位One LIFE(ワンライフ)

期間中ご契約した方全員に1万円OFFキャンペーン中!

  • 不用品買取もしていて得することも!
  • 女性スタッフ在籍!
  • 万が一の事故保障!
作業実績

回収品 新しいものから古いものまで幅広く!
対応エリア 近畿一円
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535
LINE @pdb4904j
その他 1万円OFFキャンペーン中

公式サイトはこちら

2位キーパーズ

  • 全国対応!
  • 引越し業者の手配も可能!
  • 車の廃車手続きも可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 全国
住所 大阪府豊中市原田中2-1-38
営業時間 10:00 〜 22:00 (年中無休)
電話番号 06-4865-0522

3位桜美サービス

  • 24時間対応!
  • 見積り金額からの変更なし!
  • 買取も可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 近畿一円
住所 大阪市生野区生野西4丁目8番6号
営業時間 24時間
電話番号 0120-352-441

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ