元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 新しく布団を買い替えた際に出た古い布団の処理方法

新しく布団を買い替えた際に出た古い布団の処理方法


数年来使用していた敷布団が古くなり、厚みが半減して寝心地も悪くなったために、新しい布団を購入する事になった際ちょっと困った時に実行した処分方法です。
布団は毎日使用するものなので、新しい布団が到着するまでのギリギリのタイミングまで使用しなくていはならないため、新たな布団が届いた際にとても邪魔になるのが古くなって捨てる方の布団です。

粗大ゴミで出すまでの数日間、狭い部屋の中で場所を占領されるのと、ゴミ処理券を準備して引取り日の手配をするひと手間を考えた時にふと思ったのが、着なくなった古い衣類を燃やせるゴミで捨てられるのだから、ゴミ袋にさえ収まれば布団だって衣類と同じように、普通ゴミで捨てられるのでは?と思いつき、大きめの裁ちバサミで布団を分割カットする事にチャレンジしてみました。

その時の布団サイズはダブルサイズの敷き布団を処分しましたが、古くなったとは言え、5センチくらいはまだ厚みがあり、一度でカットしていくのは無理でしたので、外側の生地と中の綿部分とを交互に少しずつ切っていき、全部で6分割ほどの大きさに切り分けました。
45リットルサイズのゴミ袋で1枚あたりに3分の1くらいの量の布団を入れる事が出来ましたので、合計ゴミ袋3枚分で足りてしまいました。
その時に使用した物は、45リットルサイズの袋が50枚入って税込320円程で購入した物を3枚使用しましたから、金額的には20円くらいの処理費用と30分程の労力で作業が完了しました。

ちなみに自分が住んでいる地域の自治体では、回収を依頼して粗大ゴミで出せば、300円の粗大ゴミ処理券1枚で処分できますので、そちらで出してもたいして変わらないと思われるかも知れませんね。
ですが、分割してゴミ袋に入れた事で部屋の片隅に積んでおけて狭い部屋でもあまり邪魔にならずに済み、作業した翌日がちょうど燃やせるゴミの日の回収日でしたから、あっという間にゴミ処分が終わりましたので、小さな自己満足ですがちょっと節約もできたのでスッキリとした気分でした。

他の地域によっては各自治体のゴミ捨てルールも違うと思いますし、サイズや数量にも決まりがあると思いますが、自分の住んでいる地域ではとりあえず今回のゴミ処理に伴った出費はゴミ袋代だけで済みました。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位One LIFE(ワンライフ)

  • 多彩な買い取り項目!
  • 女性スタッフ在籍!
  • 万が一の事故保障!
作業実績

回収品 新しいものから古いものまで幅広く!
対応エリア 近畿一円
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535

公式サイトはこちら

2位キーパーズ

  • 全国対応!
  • 引越し業者の手配も可能!
  • 車の廃車手続きも可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 全国
住所 大阪府豊中市原田中2-1-38
営業時間 10:00 〜 22:00 (年中無休)
電話番号 06-4865-0522

3位桜美サービス

  • 24時間対応!
  • 見積り金額からの変更なし!
  • 買取も可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 近畿一円
住所 大阪市生野区生野西4丁目8番6号
営業時間 24時間
電話番号 0120-352-441

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ