元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 創価学会の仏壇の処分・供養方法とは?

創価学会の仏壇の処分・供養方法とは?


宗教によって仏壇は異なります。
ここでは創価学会の仏壇の処分方法についてまとめてみましょう。

創価学会の仏壇とは?!

創価学会の仏壇は、正式な仏壇もあれば、紙製の仏壇もあります。
また年式によっては古い仏壇まで色々な種類があるのです。

仏壇店で販売されている正式な創価学会の仏壇は、電動式になっているものが多く、処分の方法に困ってしまうという方も多いようです。
基本的には電動の仏壇であろうと、通常の仏壇と同じ処分方法になります。

仏壇の処分方法とは?

仏壇をできるだけ安く処分したいという場合には、粗大ごみとして引き取ってもらうのが手っ取り早いでしょう。
その他には専門の仏壇処分業者にできるだけ安く仏壇を処分してもらえるように価格交渉をするのがよいかもしれません。
大きな仏壇や重たい仏壇は一人で処分するのは大変です。

また仏壇は故人のものですので、自分で仏壇を処分することに抵抗を感じている人も少なくありません。
そのような場合には、仏壇の処分を専門に行う業者にお任せするとよいでしょう。

専門業者には廃棄業者と仏壇業者があります。
業者ではお経をあげて魂抜きをするという行為は行ってくれませんので、きちんとお祓いをしておきたいという人は別途お経をあげてもらうように依頼する必要があります。

魂抜きをすれば捨てる側としてもなんとなく一区切りをつけることができます。
また仏壇処分専用業者であれば、丁寧に処分に応じてくれるので安心感がありますよ。

創価学会の仏壇、仏具は中古で売り出している場合もある

創価学会の仏壇は、下取りすることはでいません。
しかし創価学会の中には、使用しなくなった仏壇を学会の仲間同士で譲渡する例も少なくはありません。

仏壇の処分に関してはそれぞれ個人によって考え方が異なります。
倫理観や価値観は人それぞれです。

ただ浄土真宗であっても創価学会であっても、仏壇の処分方法には大差がないということは覚えておきましょう。

仏壇の処分方法について体験談
仏壇の処分をお寺と業者にお願いした体験談

私は現在実家から離れた場所で生活しています。

両親はそのまま実家にしますが、「もう歳だしこの先のことを考えて仏壇を処分したい」と相談され、処分することになりました。

私の他にも兄弟がいますが、全て遠方地で暮らしていること、実家に戻りそうにないことから両親も決断したようです。

そこでお付き合いのあるお寺に電話したところ、閉眼供養をすすめられました。

閉眼供養とは仏壇から魂を抜く、という意味があるそうで、そのまま相談したお寺にお願いすることにしました。

そして当日までに仏壇を整理します。

引き出しの中には色々と入っていたのでまとめておき、丁寧に掃除をして当日を迎えました。

私自身引き出を開けたのは初めてだったのですが、色んな書類や数珠が入っていました。

当日は喪服などではなくて普段着でも大丈夫とお寺の方に言われました。

ですが流石にジーンズなどは抵抗があったので、黒いワンピースを着て参加しました。

時間は合計で30~40分程度、お経をあげてくれるので終わってからお布施を渡して終わりです。

お布施は3万円渡し、そんなに長い時間でもなかったので思いのほか早く終わったという印象でした。

そしてそのお寺では仏壇の引き取りは行っていないとのことだったので、引き取りは仏壇業者にお願いしました。

閉眼供養してしまえばただの「モノ」になるので粗大ごみとしても出せるようでしたがなんとなく抵抗があったので引き取りをお願いしました。

金額は5万円くらいだったので安くはないですが、ゴミとしてだすのは罪悪感があるので、仕方ない金額だと思います。

閉眼供養と仏壇の処分を合わせて8万円かかりましたが、当初考えていたよりも安い金額だったので安心しました。

私は特に宗教心もなく、自分では無宗教だと思っています。

それでも両親から相談されたときは「仏壇を処分する」ということに抵抗がありました。

処分すること自体に悩みましたが、両親も満足しているのでそれで良かったのだと思います。

粗大ごみとしてだせば費用は安くすみましたが、そうするとなんとなく心に引っ掛かりができるような気がしたので業者にお願いしましたが、なんとなく安心できるので良かったと思っています。

思うほど大変じゃなかった

長年我が家にあった古い仏壇をおじいちゃんが亡くなって一年目に新たに新調しようとおばあちゃんが言い出しました。

仏壇てどう処分するの?とみんなで悩みました。

正直おばあちゃん以外の家族はかなり面倒臭いと思っていました。費用もかかるんじゃないかとか、業者が来て大変なんじゃないか?掃除もしないといけないとか面倒な事ばかりで気持ちはとても憂鬱でした。

しかしおばあちゃんだけがノリノリで、なかなか動こうとしない家族をそっちのけにし、新たに買おうとしていた仏壇屋さんに相談しにいったのです。

仏具屋さんいわく、お世話になっているお寺さんに魂抜きを頼みそれが終わったら、普通の箱になるからそのまま粗大ゴミに出したら良いよと言われたそうで、案外簡単なんだなと思い、ようやく家族全員新しい仏壇を購入しようとなりました。

まずは魂抜きをしないといけないので、お世話になっているお寺のお坊さんにお願いしました。

魂抜きはそれほど時間がかからず、お経を読んでもらいあとはたわないないお坊さんとの会話でした。新たな仏壇を買った際にはまた新たに魂を入れないといけないそうで、その際はよろしくお願いしますと再度頼む事になりました。

ちなみかかったお布施は40000円くらいでしたが、仏具屋さんで処理を頼んだ方が少しお高いのでお坊さんに頼んだ方が良かったです。

それから魂抜きをした仏壇は粗大ゴミに出す事になりました。

しかし魂抜きをして、ただの箱になったとはいえ長年先祖代々の魂が入ったお仏壇だったので、最後に綺麗にして皆で手を合わせて粗大ゴミに出しました。

費用はだいたい1000円ぐらいでした。

それから新しい仏壇を購入し、再度またお坊さんに魂入れをしてもらいました。またお布施40000円ほどかかりましたが、おばあちゃんも大喜びしていたし、先祖も仏壇が綺麗になって喜んでいるだろうと皆でほっとしました。

正直、仏壇の処分は手間で面倒ではないかと最初は思いましたが、案外思ったよりも簡単だったし、何よりもおばあちゃんが本当に喜んでいたのが一番良かったです。

浄土真宗では魂抜きは要りませんがお礼はします

私自身は無宗教ですが、実家には代々かなり大きな仏壇がいつもありました。兄弟で男は私一人、実家を引き継いだことから、仏壇もそのまま残されたわけです。

数年間は扉を開けることもなく、埃をかぶったままの状態で放置していました。ところが、最近になって仏壇の置いてある和室の床が沈み出していることに気が付き、特に仏壇の下の畳が10ミリ程度たわんでいるのを見て、このままでは家が傷んでしまうと思い、触れたくない仏壇でしたが処分せざるを得なくなったのです。

しかし、物が物ですからいかに無宗教の私でも、粗大ゴミにしてしまうだけのメンタリティはありません。それでまずネットで調べました。すると仏壇処分には魂抜きをしてからでなければ、捨てられないという文言が最初に目に入り、いくつかのサイトを見ても同様でした。

その方法はお寺の僧侶に頼むのが一般的と書かれているのを読んで、ずいぶん大変なことなのだなと思い、一度は諦めました。

そんな折、兄弟が集まった時、仏壇処分の話をすると、姉達にうちは浄土真宗だから、魂抜きの必要はないよと教えられたのです。つまり業者に頼めば完了といわれたのです。

私はいわれるまでうちの宗派を知りませんでした。無知というかそういうことに無関心でしたから。とはいえいかに無関心でも、さすがに廃品業者に任せるのは抵抗がありました。

確か浄土真宗なら、京都に行くと必ず立ち寄るお寺と同じ宗派だから、その時に相談してみようと思い、ひとまず処分は見送りました。

それで京都のお寺の住職から聞かされたのは、浄土真宗では物である仏壇に魂入れをすることがそもそも出来ないので当然、魂抜きも出来ない=必要がないということでした。

ただ、仏壇に向かって先祖を供養してきた祖先の心はその行為によって鍛えられていたはずなので、そのことに対してお礼をすることなら出来るはずです、という言い方をされたのです。

お礼とは、処分する仏壇の前で手を合わせてお辞儀をするとかでもいいんですかと、ざっくばらんに聞いてみますと、あなたがそれをするだけでなく、檀家になっているお寺があれば、そちらの僧侶に頼んで今までの行為に返礼してもらえば、それで十分ですといわれました。

いくら浄土真宗でも、全然お寺を絡めないわけには行かないことが分かり、どうしようか迷いましたが床の沈下は待ったなしです。結局僧侶に来てもらい、一緒にお礼をしたあと、自分で解体しました。

魂抜きして処分までがスムーズにいかない

2017年に特養にいた祖母が亡くなり、遺品整理を長男の父が始めた際に、昔ながらの田舎の古い家に購入して100年近くはある、そこらへんでは見かけないほど大きな仏壇を処分しなければならなくなりました。

遺品整理と一緒に近場の便利屋さんに供養と処分を依頼しようとしたけれど、昔ながらの考えを持つ親戚達が間に入ったので、祖母の葬儀を依頼したお寺に電話して魂抜きと言われる供養をしてもらうことになり、仏壇の処分を便利屋さんで依頼するという形になっています。

魂抜きするだけですが、まるで法事かというくらいの人数が来ることになり、息子と娘の父と叔母のみで行うはずの魂抜きに、従兄弟や義娘や義息子総出で参加する事態になったので、気を遣って疲労困憊したことがあります。

家族代々のように複数の人と共同の仏壇を処分する場合、スムーズに事がいかないと実感しています。

粗大ゴミに捨てるレベルの大きさではないので、コストを抑えるためにネットで調べたら、仏具の小物があればより高額になるとあったので、小物は先に自分達だけで処分し、遠方の便利屋さんに依頼すると高額になるので、3つほど便利屋さんをピックアップして、無料見積もりを依頼し、一番料金的にコスパが良かった便利屋さんにお願いしています。

ネットのこのページを見たと言えば、料金が割引になるところに依頼しています。

1件急かす業者があったので、高額請求業者に捕まらないためにも、即決はせずにじっくり検討する時間を置き、他の家族にも相談してみることが大切です。

一階ではなく二階に仏壇があったため、プラス5000円ほど料金が加算されたので、自分達でできる大きさならば一階に下ろしておいたほうが賢明です。

供養と処分の点で言えば、便利屋さんでいっぺんに済ませたほうが見積もりの時点で価格が安かったです。

しかし、今後も馴染みのお寺さんと関わっていくことがあるのであれば、お寺で依頼したほうが良いと感じます。

お寺でも供養だけではなく、処分まで行ってくれたのですが、お寺のほうがコスパが割高だったため、我が家では魂抜きと処分で依頼主を分けたしだいです。

魂抜きと仏壇処分には検討する時間も入れて1ヵ月近く時間をかけたけれど、空っぽになった空間を見て肩の荷が下りた気がしたので、最終的にはやって良かったと感じています。

仏壇の処分は仏具店にお任せ

私は東北地方の出身で就職を気に上京、実家には高齢の両親が住んでいました。

その両親もここ数年で揃って他界してしまい、実家には土地と家だけが残されました。

私もこちらに家庭を持っており、実家に戻る予定はもうありませんでしたので、思い切って実家の土地は売りに出してしまうことにしました。

その際、扱いに困ったのが仏壇でした。

田舎の仏壇なのでかなりの大きさがあり、都内のマンションに住んでいる私の家には仏壇を置けるスペースはありませんでした。

なので仏壇の所有は諦め、どうにかして仏壇の処分の道筋を見つけなければなりませんでした。

我が家の菩提寺に相談してみたところ、仏壇から魂を抜く閉眼法要を行ってくれることになりました。

これでご先祖様に安らかに眠り続けてもらえると安心したものの、菩提寺では仏壇本体の引き受けは行っていないということでした。

ネットで調べてみたところ、粗大ごみにだすこともできるようでしたが、いくら魂が抜いてあるとはいえご先祖様を祀っていたものをごみとして捨てるのは気が引けます。

ほとほと困っていたところ、仏具店が仏壇引き取りサービスを行っていることを知りました。

調べてみると、全国から引き取りを受け入れていて、梱包配送も専門業者に任せっきりでよいとのことでした。

仏壇の解体も仏具職人が行ってくれるということで、安心してお願いできると思いました。

ネットで見積もりを取り、多少お値段は掛かったものの必要経費として仕方がないと割り切り、ある業者さんに引き取りをお願いすることにしました。

仏壇についてある程度の目途が立ったので、正式に菩提寺のお寺に閉眼法要をお願いしてご先祖様の魂を抜いてもらいました。

その後、仏具店から依頼された運送業者が仏壇を引き取りに来てくれ、とりあえず仏壇の処分には一息つきました。

少々お値段がかかっても仏壇の引き取りはプロにお願いする方がよいと思いました。

やはり神聖なものですし、下手に素人が扱って後々から不愉快な思いをするよりは、プロの助けを借りて処分した方がわだかまりが残らないと思いました。

今時の仏壇処分と供養方法

ある日仏壇を処分しなければいけなくなる場面に直面することもあるのではないでしょうか。

しかし仏壇といえば安易に処分できず、どのように手放したら良いのか悩む方も多いものです。

私の家では昔は仏壇を知人にいらないか聞いて回ったり、必要としている方を探すという方法がありましたが、仏壇は宗派などによってもデザインや形式が違うので、もらってくれる人を探すのは簡単なことではありませんでした。

だからといって粗大ごみとして処分するのは、心苦しいのが仏壇です。

しかし、今時はオークションやフリーマーケットアプリというものが流行っています。

意外にも「仏壇」と検索をすると沢山の仏壇が出品されていて取引をされているのを見かけます。

送料が予想以上に高くなってしまう場合がありますが、住まいが近ければ直接引き渡しすることが可能として出品している方も多く、必要としていないものが必要で探している方もいるのです。

仏壇の装飾品や、一部の部品を探している方もいるので、

仏壇の本体は残したいけれど、部品を処分したいという時にもフリマアプリやオークションはおすすめです。

他にも新しく仏壇を購入する場合は、購入先のお店が格安や、無料で引き取ってくれるケースもあります。

引き取られた仏壇は、まだ修復したり使えそうなものはリサイクル品として販売されたりするケースがあるのです。

リサイクルできない仏壇は、しっかり清めてから処分をしてくれるお店もあります。

我が家は引っ越しの際に、長年自宅にあった仏壇が知人から譲り受けた仏壇で思いがこもったものであったのですが、引っ越し先に持っていくのには大きすぎて、泣く泣く手放すこととなりました。

我が家の場合は、送料が安く発送をできる部品の装飾品はオークションで試しに出品してみると、1週間で無事に落札されました。

必要としていただける方のもとに行くことが一番の供養になると思い、出品して良かったと思っています。

仏壇の本体は、引っ越し先の部屋に合わせた仏壇を購入したお店が無料で引き取ってくださりました。

我が家の仏壇は貴重な黒檀で出来ており、再利用できる部分があるということで、引き取った後に供養として清めてから再利用できる部分は利用し、あとは処分となるそうですがお清めをしてくださるということで安心でした。

仏壇は思いのこもった大切なものなので、気持ちよく手放すことができて良かったと思っています。

処分と思わずコンパクト化と思ってみて下さい

父方の祖父母宅には、仏間に大きなお仏壇があり、その横に小さな仏壇が二つほどありました。

大きいものは祖父の親兄弟が代々祀られていて、小さい方は、家が絶えてしまった祖母の実家のものでした。

祖父母が相次いで亡くなったあと、それら仏壇の存在が俄かに問題になりました。

そこに手を合わせる親戚にはわたしと妹以外に若者がいないため、自然な成り行きでそれらをわたしが引き継ぐことになります。

流石に、困ったのが正直な気持ちです。

昔ながらの大きなお仏壇を、都内のマンションに運びこむわけにはいきません。

それよりなにより、独身のわたしが大量のお仏壇やお位牌を抱えていては結婚できないと親戚が言い出したのです。

確かに、嫁入り道具にお仏壇…というのは引かれてしまいそうです。

大きいから困る、大切なものだから困る……と考えていたそこで、わたしは閃きました。

大事なものだけを持って嫁に行けばいいのです。

「お仏壇で大事なのは、お位牌と掛け軸とお釈迦さまの像くらいよね? この大きな外枠、思い切って処分しちゃわない?」

もちろん、反対意見が出ました。

曰く、外枠にも魂が宿っているに違いない、不謹慎である等。

しかしわたしは、隣にある小さなお仏壇を見て思ったのです。

小さい箱に移して悪いことなどあるはずがない、わたし達が手を合わせているのはそこに祀られている人に対してなので、外枠は関係ないのでは、と。

さっそく、知り合いのお坊さんに相談してみたら、「まずは菩提寺に連絡してお仏壇そのものから魂抜いてもらい、そのあとは、ぶっちゃけ粗大ゴミにしてもリサイクルショップに売ってもええんやで」とのこと。

菩提寺で仏壇供養してもらうのが一番心理的負担が少ないものの、万単位でお金を包まねばならない上に、やはり気がひけると親戚が言いました。

菩提寺でなくても、供養してくれるお寺もあるものの、運んだり送ったり手間暇が大変そうでした。

その次の方法として仏具店や専門業者に引き取ってもらうことでしたが、近隣の業者に引き渡すことを身内が嫌がりました。

結局のところ、仏壇処分するというのが嫌なのだと感じたので、わたしはこう提案しました。

「お仏壇の住み替え、コンパクト化と思ってみませんか?」

そして菩提寺に供養を依頼することに決まりました。思わぬ不幸があり中断しましたが、喪があけたら再開予定です。

開眼供養を実施

実家の先祖の仏壇が結構古くなってきたので、一式新しいものに変えることにしました。

仏壇に関してはそれほど詳しくなかったのですが、調べてみると「開眼供養」というものを仏壇を処分する前には必要になってくるとのことでした。

仏壇を処分するということはその故人の魂まで処分してしまうことになるようで、仏壇を買い替える場合も同じ理論が適用されるようです。

開眼供養を行っているお寺や神社をがしてみると意外と行っているところが限定的であることが分かりました。

結局、以前親族の供養で利用したことのある地元のお寺で実施することにしました。

処分する前日には仏壇のクリーニングをしました。

専門の業者に依頼することもできたのですが、自分でクリーニングした方が先祖に対する供養にもつながるかと思い自分ですることにしました。

仏壇のクリーニングは全部で3ステップです。

一つ目は仏壇の解体です。

二つ目は遺影などの個人情報の削除です。

三つ目は再び組み立てて最終点検、この3ステップを行うことで実家の仏壇のクリーニングを終えました。

仏壇の内部には意外と気付かないような引き出しがあったりして、貴重なものが入れっぱなしになっていることも少なくないので、このクリーニングの作業はやっておいた方がいいと個人的に提案させていただきます。

仏壇の海岸今日当日は車にそれらの仏壇一式を搬出し、ついでに新しく購入した仏壇も持っていくことにしました。開眼供養自体は30分ほどで終了しました。

仏壇を処分する方法にはお寺や神社で開眼供養をするこちらの方法、もうひとつは粗大ごみとして捨ててしまう方法、最後に仏具店に処分を依頼する方法がありますが、仏具店は費用が高いですし、粗大ごみとして処分する方法は何となく罰当たりな気がしてしまいます。

やはり最初に申し上げたお寺や神社で処分する開眼供養の方法が一番費用的にもいろんな意味でもいい気がします。費用もそれほどかかりませんのでおすすめです。

仏壇さえ上手くできれば、ほかの家財道具の処分は楽

私の父は実家で暮らしていました。

母が亡くなったため、兄と同居していたのですが、もう90歳に近い年齢です。

新居に引っ越しすることを検討していたのですが、既に60年近くも同じ家に住んでいるので、仏壇以外にもとても家財道具が多くありました。

元々の自宅はとても広かったのですが、ボロくなったきたため、引っ越しを検討することにしたのです。

しかし、新居は安心かつキレイではあるものの、元々の自宅と比べれば狭いために、タンスなどの大型家具は持ち込むことは無理からぬものでした。

そのため、どうしても処分する必要が出てくるわけですが、父はとても昔の家財道具にとても固執しており、特に仏壇に関してはいうまでもないことだったのです。

坊主を自宅まで呼び、供養した末に寺での処分を検討しているような状況でした。

ただ、これだけのために時間を割けるだけの余裕は我々にはとてもありませんでした。

なかには、仏壇も引き取ってくれる業者もあるようでしたので、架電してみたわけです。

すると、寺で仏壇を供養してくれるとのことでした。

これを父に説明したのですが、父としてはとてもではありませんが、得心していないようです。

一方、業者のほうは予定通りの時間に到着し、仏壇を丁寧に梱包してくれました。

とはいえ、父だけでなく私としても不安に感じました。

父のようにこだわりはしませんが、それなりに罰当たりな感じもしましたので、入念な供養をしてもらいたいものです。

業者としては、供養している写真など、丁重に扱った上での処分をした証拠を添付してくれていました。

父にこの写真などを見せましたが、ホッとしていたようです。

タンスなどの不用品であれば、特に躊躇せずに委託できはしますが、やはり仏壇ですと、バチがあたらないか心配になってきますよね。

仏壇という最難関のものを処分できれば、そのほかの大型家具については処分するにあまり慎重にならなくても済むわけですから、引越し作業もはかどります。

仏壇というからには、それなりにちゃんとした業者を選ぶべきでしょうね。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位One LIFE(ワンライフ)

期間中ご契約した方全員に1万円OFFキャンペーン中!

  • 不用品買取もしていて得することも!
  • 女性スタッフ在籍!
  • 万が一の事故保障!
  • お客様のかわりに近隣挨拶の徹底
  • 仕事が早い!スピーディな対応
作業実績

回収品 新しいものから古いものまで幅広く!
対応エリア 近畿一円
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535
LINE @pdb4904j
その他 1万円OFFキャンペーン中

公式サイトはこちら

2位キーパーズ

  • 全国対応!
  • 引越し業者の手配も可能!
  • 車の廃車手続きも可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 全国
住所 大阪府豊中市原田中2-1-38
営業時間 10:00 〜 22:00 (年中無休)
電話番号 06-4865-0522

3位桜美サービス

  • 24時間対応!
  • 見積り金額からの変更なし!
  • 買取も可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 近畿一円
住所 大阪市生野区生野西4丁目8番6号
営業時間 24時間
電話番号 0120-352-441

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ