元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選
大阪の不用品回収 > 不用品の処理方法 > 仏壇の解体、処分の方法とは?

仏壇の解体、処分の方法とは?


遺品整理の際に仏壇を処分しなければならない状況になる場合があります。
では仏壇を処分しなければいけない時に、どのように仏壇を処分すればよいか?を知っている人は少ないです。

ここでは仏壇の解体、処分について説明していきましょう。

仏壇を処分、解体するケースは増えている

近年は住宅事情などから仏壇を置いておくスペースが確保できず、仏壇を継承できない状況になり、処分を検討される方が増えています。

仏壇を処分、解体する方法はいくつかあり、処分する前には注意する点がいくつかあります。
また仏壇を解体した後には供養なども行わなければなりません。

仏壇を解体する前に確認しておきたいこと

仏壇を処分したい、解体したいとなった時にまずは開眼法要が行われているのかどうかを確認しておきましょう。
開眼法要とは魂入れとよばれる儀式であり、新しい仏壇やお墓を作った時に住職が行う法要になります。

開眼法要が行われた仏壇を処分する場合には、処分解体する前には閉眼法要を行わなければなりません。
閉眼法要とは開眼法要の逆の法要であり、故人の魂を納める役目を終了させるための法要になります。

この閉眼法要は魂抜きと呼ばれることもあり、この閉眼法要を行うことによって仏壇は木の入れものに戻ることができるので、仏壇処分解体することができるのです。

仏壇を処分するのはどうすればよい?解体以外にも方法がある?!

仏壇を処分する方法としては、お寺に引きとってもらう方法、仏具店に引き取ってもらう方法、粗大ごみとして処分する方法があります。

お寺に引き取ってもらう方法としては、閉眼法要を行った後にそのまま引き取ってくれるお寺も多いです。仏具店は仏壇の引き取り、処分サービスなどを行っているお店も多いですし、閉眼法要も併せて行ってくれるお店もあります。

閉眼法要を終えた仏壇はただの木の箱になっているわけですから、解体して粗大ごみに出すことも可能です。ただ住んでいる自治体によっては処理手数料がかかる場合もあるので確認しておきましょう。

専門業者に遺品整理を依頼をすると供養もしてくれる

個人の遺されたものを専門業者に遺品整理として依頼する方も多いかと思います。

遺品の中にある金属類や古紙・衣類などはリサイクルもしてくれますし、買取可能な物は査定して費用の削減になる場合もあります。

遺品整理の際に供養もしてくれますし大切に遺品を扱ってくれると評判が良いのはワンライフです。
無料見積りもしてくれるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

元不用品回収業者が選ぶ!大阪で依頼するならこの会社3選

1位One LIFE(ワンライフ)

期間中ご契約した方全員に1万円OFFキャンペーン中!

  • 不用品買取もしていて得することも!
  • 女性スタッフ在籍!
  • 万が一の事故保障!
作業実績

回収品 新しいものから古いものまで幅広く!
対応エリア 近畿一円
住所 京都市南区久世中久世町5丁目7
営業時間 10:00 〜 19:00 (年中無休)
電話番号 0120-655-535
LINE @pdb4904j
その他 1万円OFFキャンペーン中

公式サイトはこちら

2位キーパーズ

  • 全国対応!
  • 引越し業者の手配も可能!
  • 車の廃車手続きも可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 全国
住所 大阪府豊中市原田中2-1-38
営業時間 10:00 〜 22:00 (年中無休)
電話番号 06-4865-0522

3位桜美サービス

  • 24時間対応!
  • 見積り金額からの変更なし!
  • 買取も可能!
回収品 遺品整理を中心に多種多様
対応エリア 近畿一円
住所 大阪市生野区生野西4丁目8番6号
営業時間 24時間
電話番号 0120-352-441

基礎知識

回収品

大阪の不用品回収業者

不用品の処理方法

サイトマップ